仕事のない会社員

仕事のない会社員

会社にちょっと迷惑な人がいます。その方は一体何が迷惑かというと、仕事をしないんですね。会社には毎日来ます。残業だってするにはします。でも実際に仕上げた仕事の量はまったく少ないのです。あなたはこれをするのに何時間かけているのですか?みたいな。そもそも同じ仕事をやっていても見ていると全然他の人と処理スピードが違うんですね。たとえば、ごくごく普通な事務仕事にしたってそうです。とりあえず手を動かすスピードが遅い。確認するのもいちいち遅い。あと休憩が死ぬほど長い。一度お手洗いに立つと一時間は帰って来ません。トイレで一時間も何をやることがあるんだか、完全に不明ですが、一体何をやっているのでしょうか。あと雑談が長いですよね。いつまででも無駄話。無駄話は人と仲良くなりますし、楽しいは楽しいですけど、その時間にできることはいくらもあるんじゃないでしょうか、と思ってしまうと、まぁ正直サボりですよね。なんとか働いてくれないかなぁ。

という話を友達にしたところ、「その人、仕事がないんじゃない?」と言われてあっと思いました。それはそうかもしれない。

「きっとその人は仕事が少なくて、だからその仕事をなんとか人並みに仕事があるように見せかけなければならないからゆっくりやってるんだよ。少ないバターを出来る限りうすーく引き伸ばして、なんとかパンの全面にぬりつけるみたいに」

パンとバターのたとえはなんだかなぁって感じですが、しかし言っていることはわかります。

「うちの会社にもいるよ。そういう仕事のない会社員。そういう人、『社内ニート』って言うんだよ」

どこの誰が言い出して、どの程度ポピュラーな言葉なのか知りませんが、言い得て妙ですね。社内ニート。会社員だけど、仕事がない。でも社内ニートな人たちは望んで仕事がないんでしょうか。それとも仕事はしたいけれどなんらかの事情で仕事がまわってこないのでしょうか。友人曰く、それは人それぞれだろう、とのこと。私の会社の仕事をしていない人については、気になるようならどんどん仕事が行くように仕向けてみたら、とのこと。そんな仕向けるような権力は私にはないですけどね。でも、他の人は頑張って働いているんだから、ゆっくり再生みたいな動きをしていないでスパスパこなして人並みに働いてほしいです。給料もらってるんなら。本人には言えないですが。

高麗美人.ws

繰り返してでも観たい映画BEST5

マイナビニュースに「何度も見てしまうお気に入りの映画はなに?」というものがありました。

記事でのランキングは以下の通りでした。

1位:となりのトトロ

2位:プラダを着た悪魔

3位:魔女の宅急便

4位:アルマゲドン

5位:タイタニック・天空の城ラピュタ

7位:バック・トゥ・ザ・フューチャー

8位:ラブ・アクチュアリー

9位:ローマの休日

10位:レオン

ジブリ作品は強いですね!

私はアニメが苦手なので、繰り返してみているものはないかな?

1,2回観ているものはあるかもしれないけれど、5回以上観ているもの1作品を除いてはないです。

では、興味などないかと思われますが、私のBEST5をご紹介したいと思います。

これからご紹介するのは、最低でも5回以上は観ている作品になります。

そんなに観て面白いのかと突っ込みたくなる作品もあります(笑)。

理由も添えて書いていきたいと思います。

5位:火垂るの墓

ここ数年は途切れ途切れですが、以前は1年に1度テレビ放送がありました。

終戦記念日の前後に必ずあった映画です。

実際に映画館に観に行ったことはありませんが、せっちゃんのセリフを言えるくらい観ているはずです。

これはアニメですね。

唯一繰り返しているアニメです。

4位:踊る大捜査線 THE MOVIE 2

1も2も好きですが、断然2の方がリピ率高いです。

社会人になって数年経ってから観ているのですが、自分自身がちょうど板挟みのところにいました。

だから、最後のあのセリフがグッと来たのです。

「リーダーが優秀なら組織も悪くない」と青島刑事が言うところです。

大きく頷きましたけど、残念ながらそんな優秀なリーダーのいる組織には出会えませんでした(爆)。

3位:彼女が水着に着替えたら

実は、これが観ている回数が一番多いと思います。

でも、内容はどうでもいいと言うか、内容がない映画です。

たぶん中学生くらいの時に上映された映画です。

リアルタイムでは観ていませんが、テレビ放送のものを録画して何度も観ました。

理由は、ふんだんにサザンの歌が使われているからです。

そう、ただそれだけの理由です。

PVみたいな感覚で観ていました。

2位:サウンド・オブ・ミュージック

父と母が恋人時代にデートで観たという映画の1つです。

子どもの頃にテレビで放送されていたのを一緒に観て、非常に好きになった映画です。

子どもだから内容は分かりませんでしたが、年齢が上がるにつれて理解が深まる映画になりました。

ミュージカル映画としても、戦争映画としても、恋愛映画としてもお勧めの作品です。

1位:レインマン

これは最初に本で読んだ記憶があります。

亡くなった従兄が持っていた本を借りました。

その後、テレビ放送のものを録画して観ました。

何度も何度も観て、兄弟の距離が縮んて行くシーンにグッときていました。

介護という仕事をしていた私の、バイブル的存在でもありました。

最近はご無沙汰な映画です。

また観てみようかな?

あなたには心に残るお気に入り映画がありますか?